住まいの豆知識 ☛ 2030年基準

最終更新: 4月5日

2030年以降の住宅における省エネ基準☞2030年基準とはどのようなものでしょうか?


基本的に上記の数値がクリアできていれば2030年以降の基準を満たす建物となります。

2030年と聞くとまだ先のことのように感じるかもしれませんが、この2030年目標水準を満たしているかどうかで、住宅会社の住宅に対する向き合い方が分かります👍


ちなみにZEH「ゼッチ」とは、ゼロエネルギー住宅の略語になります。

ゼロエネルギー住宅とは、無駄なエネルギーを使わない健康的で快適な家です🏡✨

〖断熱・省エネ・創エネ〗

住宅の年間エネルギー消費量を正味でおおむねゼロにすることで、地球🌎にも光熱費💡にも優しくなる住宅のことです。


HIROGALIEでは、この2030年基準を満たした住宅のみご提供しております。家を建てた後も快適な暮らしをしたいですよね。そのためにもお家の性能はとっっっても大事なんです‼

新しい家を建てても、寒くて⛄暑い🌞お家なんて嫌ですよね😫


そして性能のことでもう一点注意していただきたい点があります。

それはまた次回お伝えしますのでお楽しみに❢❢