住まいの豆知識 ☛ 地域基準

最終更新: 4月5日

UA値の基準は日本で一律というわけではありません。

皆様がお家を建てようと思っている地域の基準はどうでしょう?


日本は縦に長いので、地域によって気候が異なります。

なので地域によって基準が分けてあるのです。


住宅の性能、「高断熱」は光熱費だけでなく日々の快適さ、健康にとっても大事なものですので、お家を建てる際にはしっかり確認をしましょう。

地域区分ごとの基準値ですが、この表のように日本を8つのエリアに分けています。

熊本県は5・6・7に当たりますので、2020年基準のUA値=0.87という事になります。


ですが・・・

☞HIROGALIEの住宅は全棟UA値=0.6以下となっております。

UA値は小さいほど性能が高いので、HIROGALIEの住宅は2020年基準値よりUA値が小さく、高断熱に優れています✨


話を戻しますが、先ほどの2020年基準のUA値=0.87を切る基準でお家を建てれば十分なのでしょうか?

ヒントはHIROGALIEの基準です☺

次回もお楽しみに♪