ウラオモテの家

シンプルですっきりしたプラン。外部とのつながりを大事にできる家。

1/5

詳細

箱型をベースに南と北面に庇があるデザインで、道路に面する表側の北面、裏側の南面が同じ形をしている「ウラオモテの家」。
外壁の一部を木貼りにした玄関は温かみがあり、住む人や訪れる人を優しく迎えます。
1階はパブリックフロア。リビングに大きな窓を並べることで外部空間と屋内がつながり、空間に広がりが生まれます。南側に庭を作ることができれば、2つの大きな窓により生まれた外部とのつながりを活かして、BBQをしたり、プールを広げたり、アクティブな暮らし方が可能です。また、リビングでくつろぎながら庭で遊ぶ子供の姿を見たり、窓辺に腰掛けて日向ぼっこをしたりと、豊かな時間が過ごせます。外観デザインのアクセントにもなっている庇の部分は、暑い時期の日差しを遮ってくれる効果もあります。
2階は幅が5m以上の可動棚収納があるホールと、ウォークインクローゼットのついた主寝室、将来2つに区切れる子供室を設けました。
ホールの収納棚は衣類などの収納として使うのはもちろんのこと、奥行きがあるのでカウンターとして使うこともでき、住む方の持ち物やライフスタイルに合わせて活用できる便利な空間です。
1階のパブリックフロアは庭に親しむ広がりのある暮らし、2階のプライベートフロアは暮らしやすさに配慮し収納を充実させたプラン。自然や緑が好きな方にぴったりのこの家で、お庭での活動を取り入れた暮らしを楽しんでみませんか?