たたみのある家

子育て世代にも便利な和室があり、ライフスタイルに合わせた暮らしができる家。

1/5

詳細

黒いボックス型のシンプルな外観が目を惹くプランです。
玄関から中に入ると玄関上部の吹抜けから光が落ちてきて、次にスタイリッシュな鉄骨階段が視界に入ります。玄関ホールを取り込んだLDKは、実際の面積以上に広がりを感じることができるでしょう。
1階の全てを一体的な空間とした間取りは、外気の温度変化の影響を最小限に抑える高気密高断熱住宅だからこそなのです。
プランの特長はタイトルにもなっている、“たたみ“。和室は、日本独特の便利な空間であり、特に子育て世代にはおむつを替えたり、お昼寝をさせたりするほか、孫に会いにきたご両親がゆっくり滞在されたりと様々なシーンに活用できるスペースです。
子育て期が終わっても、家族がくつろぐ空間として使えますし、将来はここを寝室として使えば、1階で生活を完結させることができます。
家の中心には階段と吹抜けがあり、1階と2階をゆるやかにつなげます。2階は、寝室以外は大きなフリースペースとしました。小さいうちはここを家族全員の寝室にしたり、キッズスペースにしたり、自由に使えます。ここで遊んでいる気配は階段と吹抜けを通じて1階にいるお母さんも感じることができるでしょう。フリースペースは将来の家族構成やお子さんの成長に応じて個室にすることもできます。
家族のスタイル、ライフステージに合わせた使い方ができる家です。